PEONY 's Diary

PEONY(ピオニー)の日記

幸せのちから The Pursuit of happyness

 

2006年 / アメリカ

 

解説

困窮した生活の中、セールスマンをして家族の生活を支えていたクリス(ウィル・スミス)。困窮の度はいよいよ極まり彼はホームレスにまで身を落とすが、証券マンとして身を立てる道を切り開いて行く。実話を映画化した人間ドラマ。監督はイタリア映画界出身のガブリエレ・ムッチーノ。主演はウィル・スミス。共演は彼の実子であるジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。

 

あらすじ

クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、サンフランシスコで妻や5歳の息子クリストファー(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)と暮らしていたが、生活は困窮。やがて、妻が家を出て行ってしまう。息子と一緒に暮らすため、クリスは懸命に働いたものの、生活はさらに悪化。そんなある日、証券会社の養成コースを受講すれば正社員採用の道が開けると知り、定員に滑り込む。だが、6か月のコース修了後に採用されるのはたった1名。しかもその間は無給。必死で勉強に励むクリスだったが、遂にホームレスとなってしまう……。

 

引用元 動画を見るならdTV -公式サイト

 

 

この映画は以前に一度観ているのですが、つい最近読んだ本の中でおすすめの映画で紹介されていたこともあり、もう一度観たいと思って今回、dTVで観ました。

途中、何らかで中断してしまっても、間をあけて続きから観られるので、dTVって便利です。

 

上記、映画の概要についてはdTVサイトから引用させていただきました。

 

何度観ても感動します。

確か、初めて観た時は「かっこいいサクセスストーリーだな」的な感動だった気がしますけれど。

 

2度目の今回、新たに感動の嵐✨

主人公の、諦めずただひたすら前を向いて努力し走り続けて、ついに夢を勝ち取るその姿にグッとくるものがあります。

 

最後だと思ってビシッとキレイなシャツでキメてきた、という主人公に「明日からもそうしてきてね」→つまり採用というシーンがイカしてる。

さらに、込み上げてくる嬉しさの感情が伝わるすばらしい演技だと思いました。

決して楽勝ではなく大変だったというのも頷けます。

パシリのようなつまらない用事も引き受け、最悪の状況(家を締め出されトイレで一夜を過ごす)でもユーモアを忘れない(人間性)、失敗しても諦めず次に繋げる努力(サジを投げない)、機転のきく頭の良さ、それと運ももってたのでしょう。

子供が大事なおもちゃ落としてワーワー言ってるんだけどそれどころじゃなくってshut upなんてあまりにも切羽詰まってて泣けた…。

 雑多の野暮用もこなしつつ?!投げやりになるでもなく…

いや〜〜スゴイですよ、そりゃあ難関突破しますって。

 

ということで、いま現在

しんどいな…

疲れたな…

元気ないよ…

というかたに

ヨシッ!明日からまたがんばろう!と生きる勇気を与えてくれる素晴らしい映画と思います。

ズバリ!私のオススメ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

幸せのちから (字幕版)

幸せのちから (字幕版)

  • ガブリエル・ムッチーニ
  • ドラマ
  • ¥1019